デイリーMoccoly

スマホと私 その3 完

今回、ガラケー➡スマホ➡ガラケーという一連の機種変行動の中で私自身をはじめ、
世の中ホントに大手企業にうまいことハメられてるんだなぁと改めて感じた。
スマホにした際ポケットWi-Fiも一緒に申し込んだのだが、ガラケーに戻す時に解約を申し出たら、
一度解約したら次に契約したくなっても最低2年?だか3年?は契約出来ないと言われた。
なんじゃそりゃ!これって完全に堅気の商売じゃないよなァ・・・。
一庶民には到底理解出来ないエグいシステムだ。
優しい風を装った携帯屋のスタッフの化けの皮が剥がれたら、みんなチンピラだったりして・・・・。
ちょっとでも口答えしようものなら後ろのカーテンの裏からヤクザの親分が出て来るのかも・・・。
本気でそう思って怖くなった。
そんな理不尽な事は世の中にたくさんあってそれを選択するか否かは自分次第だが、
完全に自分を見失っている人々がいかに多いかという事だ。
そして街でも電車でも飛行機でも、どこもかしこもみんなスマホを使っていて、電磁波だらけでマジで怖い!
と更に危機感を抱いた。
今回の件で私はあまり電車に乗りたくなくなった。
電磁波まみれのスマホ依存で今後人々はどうなっていくのか。。。
私がおばあちゃんになった頃はどんな世の中になっていくのか。。。
50年後に後遺症はないのか。。。。
など珍しく不安がよぎった。
そういえばパソコンをやっている時も、マウスを持っている右腕がいつも尋常じゃないくらい冷たくなったり、
左肩の下の方に針が刺さった痛みを感じたりするのも全て電磁波の影響だ。
まぁ私が宇宙人だから極端に地球の電磁波に弱いのだろうが、妊娠中や乳幼児を抱きかかえながらのスマホ操作や、
心臓に近い胸ポケットに入れたりするのはかなり危険だ。
特に女子はスカートのポケットなど子宮に近い場所に入れるのも極力避けた方がいい。
とは言え、電磁波廃止やスマホを使うな!などと訴えるつもりは全くない。
自分は自分、人は人だから、便利なツールとして依存しない程度に大いに賢く活用すればいい。
私は宇宙人なりに世の中とうまく向き合い、うまく付き合っていく次第だ。
もしそれが無理になったらもう森の中の洞窟にでも住むか、はたまた宇宙に帰還するしかない。
お金も時間も気苦労もかかったが、一瞬スマホにした事に後悔はない。
貴重な体験が出来てむしろ良かったと思っている。

※写真は宇宙人の必殺技!

ページの先頭へ戻る